過敏性腸症候群(IBS)症状と原因|チェックシートで確認してみよう!

お腹の調子が気になる人は、

過敏性腸症候群(IBS)という言葉を一度は

聞いたことがあるのではないでしょうか?

 

こちらでは、過敏性腸症候群とはどんな病気なのか、

その症状や原因を紹介していきます。

 

過敏性腸症候群チェックシートも紹介いたしますので、あなたもやってみましょう。

 

過敏性腸症候群とは

過敏性腸症候群とは、

腸に腫瘍などの特別な異常があるわけでは無いのに、

常にお腹の調子の悪さに悩まされる病気のことです。

 

生死に関わる病気ではありませんが、

ひどい場合は不安感やお腹の痛みなどから、

日常生活に支障をきたすこともあります。

 

英語ではirritable bowel syndromeと呼び、

日本でもその頭文字を取って「IBS」と呼ばれることもあります。

 

約1割程度の方が、

過敏性腸症候群に悩まされると言われていて、

男性よりも女性の方が多く、

また年齢を重ねると共に症状は改善される傾向にあります。

 

過敏性腸症候群の症状

具体的な症状の分類としては、

  • 下痢型
  • ガス型
  • 便秘型
  • それら3つの混合型

があります。

 

男性では下痢やお腹の不快感が現れる下痢型が多く、

女性では便秘型が多いという特徴もあります。

 

お腹の調子が悪いことが原因で、

常にトイレの場所を確認するようになったり、

電車やバスなどのトイレが無い状況が

不安になったりする方も多いです。

 

そのような不安感からくるストレスが、

更に過敏性腸症候群の症状を悪化させてしまい、

悪循環に陥ってしまうのです。

 

過敏性腸症候群の原因

過敏性腸症候群のはっきりとした発症原因は、

今のところ分かっていません

 

しかし最近の研究で、

過敏性腸症候群はストレスから来ている

ということが分かってきました。

 

人間はストレスを感じると、

ストレスホルモンが脳下垂体から分泌されます。

 

そのストレスホルモンが、

腸をなんらかの形で刺激してしまい、

過敏性腸症候群の症状が現れるのです。

 

この一連の流れが何度も何度も繰り返されることにより、

腸が知覚過敏の状態になってしまい、

少しのストレスでも腸の状態が悪化してしまいます。

 

それによってお腹の調子が少しでも悪いと感じると、

そのこと自体がストレスになり、

また更にお腹の調子が悪くなるという、

悪循環を生み出してしまうのです。

 

チェックシートで確認してみよう

こちらのチェックシートで、

自身の症状がいくつ当てはまるか

確認してみてくださいね!

 

IBSチェックシート
  • 緊張するとお腹が痛くなる
  • お腹の不快感を1か月に2回以上感じる
  • お腹の張りを感じることが多い
  • ストレスの多い職場で働いている
  • 1日3回以上下痢をすることがある
  • 出勤時にお腹が痛くなる
  • 排便後、便が残っている感覚がある
  • 下痢と便秘を繰り返すことがある
  • 週に3回以下しか便が出ないことがある
  • 腹痛時に、排便をすると痛みがやわらぐ

上記の項目にいくつ当てはまりましたか?

 

3つ以上当てはまる項目があれば要注意!

過敏性腸症候群の可能性が高いと考えられます。

 

過敏性腸症候群を改善する方法は?

過敏性腸症候群から解放されるには。

どうすれば良いのでしょうか。

 

  • ストレスの原因から離れる
  • 食生活を過敏性腸症候群改善食に変える
  • 規則正しい生活をして自律神経を整える
  • 無理の無い範囲で適度な運動をする
  • お腹を冷やさないように気をつける

 

などが、基本的な過敏性腸症候群の改善方法です。

できることから少しずつ改善していきたいですね。

 

私が行ってきた過敏性腸症候群の治し方
こちらで詳しく解説しています↓

 

 

ストレスを澑めず、腸内環境を改善しよう

過敏性腸症候群は、

真面目な性格の人がなりやすい病気とも言われています。

 

ストレスを溜め込まず、

かつ食事などで腸内環境を整えていくことが大事です。

 

過敏性腸症候群を改善していきたいですね。