手軽に食べられる上に、美味しいことから、

ラーメンが大好き!という人は多いのではないでしょうか。

 

しかし過敏性腸症候群への影響を考えると、

あまり食べない方が良いような気もしますよね。

 

実際のところどうなのか、調べてみました。

 

過敏性腸症候群にラーメンは絶対にダメ!

結論から言いますと、

過敏性腸症候群にラーメンはかなりの悪影響を与えます。

 

なぜなら過敏性腸症候群の敵とも言える、

小麦と油がふんだんに使われているからです。

 

ラーメンを食べて帰宅する頃には、

腹痛に襲われて顔面蒼白!

なんてエピソードもあるぐらいです。

 

それからラーメンを食べるのは深夜や、

お酒を飲んだ後のシメなんてことも多いのではないでしょうか。

 

そんなタイミングも重なることで、

通常は胃腸を休めるべき時間帯に、

胃腸に負担がかかってしまい、

過敏性腸症候群が悪化してしまうということも考えられます。

 

過敏性腸症候群が食べてもOKなラーメンはある?

とは言え、ラーメンを諦めきれない過敏性腸症候群の人もいますよね。

 

なんとかして、過敏性腸症候群でもラーメンを

食べられないものでしょうか?

 

ラーメン屋さんで食べる場合は、

小麦も油もたっぷりですが、

自宅で作るものに関しては工夫して調理できますよね。

 

例えば、

 

  • 麺をこんにゃく麺に置き換える
  • 過敏性腸症候群に優しい野菜を入れる
  • 油を使わないスープにする
  • 味噌ラーメン風にする
  • お肉は脂身が少ないものを選ぶ

 

などです。

 

小麦は過敏性腸症候群の大敵ですが、

こんにゃくは水溶性食物繊維が豊富なので、

過敏性腸症候群に優しい食品です。

こんにゃく麺に置き換えてみましょう。

 

過敏性腸症候群に優しい野菜は、

 

  • もやし
  • キャベツ
  • にんじん
  • ちんげん菜
  • レタス

 

などがオススメです。

 

油を使わないスープですが、

例えば中華味の調味料や、

和風ダシで代用してみてはいかがでしょうか?

 

脂たっぷりの豚骨スープが美味しい気持ちも分かりますが、

過敏性腸症候群への影響を考えると、

あまりオススメできません。

 

スープが物足りないなと感じたら、

お味噌を混ぜてみるのもオススメです

味噌は過敏性腸症候群の改善に役立つ発酵食品だからです。

 

そしてチャーシューに関しては

脂がかなり多いので、

赤身のお肉など脂身が少ないお肉で代用しましょう。

 

過敏性腸症候群でもラーメンが食べたい!

食べすぎと、食べる時間帯に気をつけて、

どうしてもラーメンが食べたい時には、

自家製の過敏性腸症候群に優しいラーメンを食べましょう。

 

我慢からくるストレスも、過敏性腸症候群には良くありませんので、

実行できる範囲内でラーメンの材料を置き換えてみて、

体調に合わせてオリジナルラーメン作りを楽しんでくださいね!