日本人の食卓に欠かせないお味噌汁ですが、

過敏性腸症候群の人におすすめの具材は何なのでしょうか?

 

毎日お味噌汁を飲む人も多いはずなので、

過敏性腸症候群に良い具材、またはあまり良くない食材があれば、

知っておきたいですよね。

 

過敏性腸症候群の人に最適な、

お味噌汁の具材を調査してみましたので、

参考にしてみてください!

 

ワカメと味噌の驚異的な相乗効果を生かす!

ワカメなどの海藻類には、

水溶性食物繊維が豊富に含まれています。

 

その中でもフコダインという食物繊維は、

下痢や便秘を慢性的に引き起こしてしまう人の心強い味方です。

 

そしてお味噌は腸内環境を整えてくれる、

素晴らしい発酵食品として広く知られていますよね。

 

ワカメ入りのお味噌汁を週に1回以上飲んだ人と飲んでいない人を比べると、

飲んでいない人は、なんと

2.28倍も下痢になりやすくなってしまう

という調査結果もあります。

 

驚きの結果ですよね!

 

消化機能を促進させるアミラーゼたっぷり大根!

大根には、消化機能を助けてくれる酵素が豊富に含まれています。

 

過敏性腸症候群の人が、

積極的に食事に取り入れるべき食材のひとつです。

 

より効率的に栄養や消化酵素を摂取したい場合は、

切り干し大根が特におすすめです。

 

水で戻すだけなので調理も簡単ですし、

皮を剥いたり切ったりする手間も省けるので、

忙しい人も取り入れやすい食材ですね。

 

栄養豊富でお腹に優しい茄子!

茄子には過敏性腸症候群の人の、

お腹の調子を悪くしてしまう糖分がほとんど含まれていません

 

そしてカルシウム・鉄・ポリフェノールなども含まれているので、

栄養価が高い上に、過敏性腸症候群の人のお腹に優しい野菜と言えます。

 

あの綺麗な紫色の皮に、栄養がたくさんつまっているのですね!

 

意外!お味噌汁の定番具材、豆腐はNG!?

お味噌汁の具材の定番とも言える豆腐ですが、

こちらは意外にも、過敏性腸症候群に良い食材とは言えません

 

なぜなら豆腐にはオリゴ糖が豊富に含まれている為、

過敏性腸症候群の人は、お腹の調子が悪化してしまう可能性が高いのです。

 

過敏性腸症候群でない人には、栄養価も高く、

オリゴ糖も豊富で、とても良い食材です。

 

意外にも豆腐は、

過敏性腸症候群の人は注意が必要な食材だったのですね。

 

毎日食べるものだから

お味噌汁の具材でも、過敏性腸症候群に良い物と、

あまり良くないものがあることが分かりました。

 

こうした知識を増やして食生活に気をつけることは、

過敏性腸症候群を少しずつ改善させられる鍵となります。

 

意識的に過敏性腸症候群の人のお腹に優しい食材を選ぶように心がけましょう。